2005年11月19日

グラチャン報告 VS 韓国・ブラジル

韓国戦の日は、ストレート勝ちが嬉しくて、

すぐ寝てしまいました。
ブラジル戦の日はストレート負けのせいで、

ふて寝でした。

なので、遅い投稿です。

しかし、やられましたな。
予言っぽく書いた事は全部外れました(笑)

それでは主観120%の感想をどうぞ!!

まずは、韓国戦。
この日に確信しました。

「日本は変化とスピードを捨てた」と。

捨てたまではいかなくても、
今回の日本のテーマは別のところにあるようです。
言うならば、

「力と技で打ち勝つ!」
って所でしょうか?
日本っぽく無いですね。
どっちかと言うとヨーロッパより?
良くも悪くも大山の加入が大きいですね。

で、試合の方ですが、
韓国がかなりあっけなかったです。
いつもの日韓戦の異様な粘りはどこに…。
韓国はかなり若いチームだった様ですが、
若者にはそんな意識は無いんでしょうか。
だとしたら、日本も韓国も似てますね(笑)


あと、あの17歳の選手。
この前の試合では一人で決めてましたね。
これから、厄介な相手になりそうです。
日本に関しては、ただ、
強くなったなぁ…。と感慨深くなっただけでした。


お次に、ブラジル戦。
と、行きたいトコですが、
長くなったので次の記事でm(__)m
posted by むこけ at 09:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ大好き♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9523726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。